ジジ 喋れ なくなっ た 理由 原作。 【魔女の宅急便】キキの黒猫「ジジ」が喋れなくなった理由は?皆の意見を人気投票中!

【魔女の宅急便】ジジが話せない4つの見解考察!宮崎駿の解釈とは?

ジジ 喋れ なくなっ た 理由 原作

Contents• 宮崎監督は、東映動画時代に「君の描く絵は、ある人の絵に似ている」と言われた経験があります。 でも、街で仕事をするとなるとそうも言っていられないわけです。 今まで無意識に猫に声をあてて 会話していると思い込んでいたのかと考えると すこし闇深さを感じてしまう気もしないことはないですが、 成長して仲間もできて、 猫に声をあてる必要がなくなったとして ジジを話せなくすることでキキの成長を表現する その表現力や発想が本当に素晴らしいなと思います。 ここでは宮崎監督の発言を交えながら、考えていきたいと思います。 そして映画内で描かれることのなかったジジのその後が原作ではしっかりと描かれており、隣の家の白猫リリとの間に18匹もの子猫を授かり大忙しです。 絵描くの楽しくてさ。

次の

【魔女の宅急便】オス猫ジジが話せなくなる理由や役割は?声優も紹介

ジジ 喋れ なくなっ た 理由 原作

でも、そうやって理屈をつけたからって問題が明瞭になるかといったら、決してならないでしょう。 よって、 魔女の宅急便のラストでジジが言葉を急に話さなくなった理由は 「キキ自身が成長したのでジジの声はもう必要なくなった」 と捉えることができるでしょう。 実写版『』について そもそも何故このタイミングで『』が文庫化されたかと言うと、本作が実写化されることが決定したからです。 そして答えがわかってもわからなくても、知っていても知らなくても楽しめるのがジブリ作品のいいところでもありますね。 あれはただのペットじゃなくて、もう一人の自分なんですね。 今まではジジに自分の心の声が反映されていたけれど、「恋の悩み」など抱えるうちに 知らずのうちに自分の中で自問自答していたわけです。

次の

【魔女の宅急便ジジのその後】話せるようになる?喋れなくなったのはなぜ?|暮らしにこだわる

ジジ 喋れ なくなっ た 理由 原作

ジジの声優を務めたのは佐久間レイさん ジジの声優を務めたのはプロの声優であり、ナレータでもある佐久間レイさん。 『ジブリの教科書5』より引用 つまり、 ジジという自分に都合の良い友人をずっと引き連れていたわけです。 気ままに空を飛んでいれば良かった。 。 鈴木プロデューサーはジジが話さなくなった理由について『キキとジジの会話はキキ自身の自分との対話を表していてキキが成長し自分を確立した時、その対話の必要性がなくなりジジが話さなくなった』と語り、宮崎駿監督は『そもそもジジの声はキキの心の声であり、ジジが話している訳では無い』とも語っていたようです。 魔女の宅急便 『魔女の宅急便』は、スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品。

次の

魔女の宅急便でジジが喋れなくなった理由は?なぜキキの魔法が弱くなったのか原作の内容から解説!

ジジ 喋れ なくなっ た 理由 原作

また金曜ロードショーなどで 放送される時には、キキだけでなくジジにも注目して 見てみてくださいね。 原作でもジジとヌヌの間に子供は産まれるのですが、 なんと合計18匹もの子宝に恵まれます。 あれは嘘をついていない、正直な言い方ですよ。 みんなに自分の働きが認められるようになっていきます。 人間の言葉喋れないのがジジの演技だとしたら、、、ちょっとあからさますぎて…。

次の

【※長年の謎がいま解けた!】魔女の宅急便のキキがジジと話せなくなった本当の理由が話題

ジジ 喋れ なくなっ た 理由 原作

この物語は「才能」の扱い方を忘れてしまったり、取り戻したりする物語なのです。 そもそもジジの声はもともとがキキ自身の声であって、キキの成長に合わせてジジの声が必要なくなってしまったのだ。 原作と映画版の違いも解説します。 これに関してはネット上で 恋をしたせいだとか、キキの魔力が完全に戻っていなかったせいだとか 様々な考察が飛び交っていますが 宮崎駿監督がはっきりと 「 ジジの声はもともとキキ自身の声で、 キキが成長したためジジの声が必要なくなった。 ラストでジジとしゃべれなくなるというのは、分身がもういらなくなった、コリコの町でちゃんとやっていけるようになりました、という意味を持っているわけです。 ある日キキがジジと話せないことに気づき、はっとして飛ぶことも試しますが、箒で空を飛べなくなっていることにも気づきます。 だからジジとの会話っていうのは、自分との対話なんです。

次の

魔女の宅急便でジジが喋れなくなったのはなぜ?原作でも話していない?

ジジ 喋れ なくなっ た 理由 原作

ジジは初めから人間の言葉を喋っておらず、ジジの言葉はキキの心の声だった。 「空を飛ぶ」という価値尺度で、「飛行船」と自分自身を比べてしまっているわけです。 あんまりすました人は好きではないんでしょうね。 ジジもまた、リリというパートナーを見つけ新しい関係性を気づいていきます。 「なぜジジの言葉をキキがわからなくなってしまったのか」 このことについて宮崎監督は、 ジジが話さなくなった=ジジが変わったのではなく、ジジが話す声はもともとキキ自身の声で、キキが魔女としても人間としても成長したために、もう キキにとってジジの声が必要なくなった。 宮崎駿監督によると、しかしこの演出は「キキの成長」を分かりやすく表したものだったということが分かります。 実際 原作では、 キキの魔力が戻ると同時にジジは再び話し始めます。

次の

魔女の宅急便でジジが喋れなくなったのはなぜ?原作でも話していない?

ジジ 喋れ なくなっ た 理由 原作

そんな キキとジジが一緒に過ごしていくうちに、キキがジジの気持ち=言葉を理解できるようになったと考えることができます。 様々な困難に直面し乗り越えたキキは、人間として成長していきます。 むしろ、僕はいまのような表情のほうが、見ている女の子たちも納得がいくんじゃないかって思ったんです。 『魔女の宅急便』公開時の宮崎監督のトークショーで、なぜジジの言葉をキキは分からなくなってしまうのかという質問について、このように述べていました。 人との出会いや別れ、喜びや挫折を味わい、キキが魔女としても一人の女の子としても成長していく物語です。

次の