スマート ガシャポン。 ついにカプセルトイ自販機もキャッシュレス化! バンダイ「スマートガシャポン」稼働開始

交通系ICカードとWeChat Pay対応カプセルトイ自販機「スマートガシャポン」設置(富士急行)

スマート ガシャポン

「ガシャポン」の決済手段として交通系電子マネーを使うことに抵抗を感じないユーザーも少なくなかったのかも知れない。 3.購入したい商品が入った自販機のハンドルを回して商品を取り出します。 カプセルトイという古典的なエンターテイメントの決済方法がイノベートされたことで、コンテンツにもイノベーションの機運が高まっているようだ。 「スマートガシャポンも、海外の方が多く集まるロケーションに積極的に置いていきたいと考えています」と近藤氏。 一方、既存ユーザーが乗り換えるメリットはあるのだろうか。 キャッシュレス決済システムを搭載したことで、自販機の情報がリアルタイムでわかり、バンダイのガシャポン公式WEBサイト内のサービス「ガシャどこ?PLUS」で、お目当ての商品を販売している場所や商品の情報が入手できるようになったのです。

次の

「ガシャポン」までキャッシュレス、Suica対応で初稼働

スマート ガシャポン

同スケールのメダロッチ。 All rights reserved. 読み取り確認の音が鳴ったら、購入する商品の入った自販機のハンドルを回し、出てきたカプセルを取り出します。 金額を確認して「購入」ボタンをタッチしたら、読み取り機に交通系電子マネー(非接触型IC乗車券)をかざします。 Shepard. このタッチパネルが様々な体験を可能にする 「スマートガシャポン」には、液晶モニターで楽しめる抽選機能が搭載されている。 購入方法 1.操作用パネル上で購入したい商品を選択します。 次に決済方法で「交通系電子マネー」をタッチして選択します。 All Rights Reserved. なお、従来の小銭使用型自販機も電源不要などのメリットを生かして併用を続ける。

次の

ガシャどこ?PLUS│ガシャポンワールド

スマート ガシャポン

現金じゃないとお金を把握しにくいってやつか。 バンダイ側は5月末までに50セットを展開予定としています。 ,LTD. All Rights Reserved. 今後の導入場所など、最新情報はバンダイのガシャポン公式サイトでチェックしてください。 , Ltd. なお、従来の小銭使用型も電源不要などのを生かして併用を続けます。 ユーザーは「楽天Edy」と「nanaco」に加え、4つの電子マネーをGoogle Payで一元管理できるようになる。

次の

ガシャポンブログ

スマート ガシャポン

操作画面イメージ(バンダイ) 「スマートガシャポン」は、キャッシュレス決済で商品を購入できるカプセルトイの自販機で、操作用タッチパネルおよびSuica等交通系電子マネーの読み取り機1面と、商品販売機5面が1セットになっている。 購入したい商品を確認したら、「決済にすすむ」ボタンをタッチ。 今後は、キャッシュレス決済の利点を生かした柔軟な価格設定など、更なる進化を予定しています。 Entertainment Inc. 今後の導入場所など、最新情報はバンダイのでチェックしてください。 しかし、スマートガシャポンの導入を契機にガシャポンがデジタル化、通信機能を持つようになりました。

次の

ガシャポンブログ

スマート ガシャポン

この「スマートガシャポン」はキャッシュレス決済専用機のため、現金は使えません。 and Legendary. 現在は交通系電子マネーのみの対応となっていますが、順次、二次元コード決済等への対応拡大を予定しています。 お手持ちのフィギュアと絡めて、ロボトルゥウウウウウウウ、ファイト!!なんて、遊びが楽しめますね。 今後は、キャッシュレス決済の利点を生かした柔軟な価格設定や、設定によって商品購入後、タッチパネル上で抽選ゲームを表示するなど、さらなる進化を予定しているとのことです。 操作はすべてタッチパネルで可能に。

次の

【小銭いらずで便利】バンダイがキャッシュレス決済対応“スマートガシャポン”を本格稼働!

スマート ガシャポン

また、中国人観光客が日常的に使用している WeChatPayに対応している。 Googleは5月24日、モバイル決済サービス「Google Pay」に「Suica」と「WAON」を追加した。 関連記事• これにより、従来は目視でしか確認することができなかった商品の販売データを、電子的に遠隔地で取得できるようになったため、ガシャポン公式WEBサイト内のサービス「ガシャどこ?PLUS」(テストサービス稼働中)にて、自販機の設置場所と販売商品の情報を利用者に提供することが可能になった。 富士山の玄関口である河口湖駅には富士山人気から訪日外国人観光客、特に中国人観光客が多く来訪しております。 バンダイはそれを活用し、在庫情報を案内するサービス「ガシャどこ?PLUS」をガシャポン公式サイトで展開しています。 もちろん、電力を使わないというアナログならではの長所もあります。 これまでは、手に入れたいアイテムがあっても偶然の出合いにかけるしかなかったが、このサービスを利用すれば「ガシャポン」の設置場所を確認できるだけでなく、商品の内容や在庫状況をいつでも確認できるのだ。

次の

交通系ICカードとWeChat Pay対応カプセルトイ自販機「スマートガシャポン」設置(富士急行)

スマート ガシャポン

東京オリンピック・パラリンピックを控え、拡大を続けるインバウンド市場では外国人向けの新たなサービスが続々と生まれている。 導入によるメリット 従来は目視でしか確認することができなかった商品の販売データを、電子的に遠隔地で取得できるようになったため、ガシャポン公式WEBサイト内のサービス「ガシャどこ?PLUS」(テストサービス稼働中)にて、自販機の設置場所と販売商品の情報をお客様に提供することが可能になりました。 みずほ銀行とJR東日本が、新たなモバイル決済サービス「Mizuho Suica」を開始。 現在は一部地域限定での運用にとどまるが、予想を上回る利用状況を受け、設置数や場所を順次拡大する予定だ。 正直驚きました」 都市部では交通系電子マネーユーザーが多く、自販機での電子マネー決済はもはや当たり前。 読み取り確認の音が鳴ったら、購入する商品の入った自販機のハンドルを回し、出てきたカプセルを取り出します。

次の